BEGINNER'S GUIDE初めての方へ

スタッフ紹介
スタッフ紹介

D1等のレースやテレビ出演した講師陣で構成されたHYPER DRIVE SCHOOL のスタッフの紹介です

Learn more
ドリフトコース
Q&A

ドリフトやグリップ走行、HYPER DRIVE SCHOOL の事をQ&A型式で詳しく説明しています。

Learn more

HistoryHyper Drive Schoolの歴史

車楽人祭
ドリフト
イニシャルD
オートサロン2020
車楽人

1989

車楽人アソシエーションは1989年に「ヒトとクルマのNew Being」をコンセプトに、あらゆるクルマ好きの祭典となるイベントを開催し、クルマを趣味とする人々の新しいコミュニティを形成する目的で設立

1991

千葉県幕張メッセで開催の「車楽人フェスティバル」。開催2日間での総入場者数は約3万人

1993

第2回「車楽人フェスティバル」開催

2011

第6回「車楽人フェスティバル」開催

2016

TOKYO AUTO SALON 2016に出展

2017

TOKYO AUTO SALON 2017に出展

2020

HYPER DRIVE SCHOOL設立
TOKYO AUTO SALON 2020に出展

Staffスタッフ紹介

ハイパードライブスタッフ
HyperDriveSchool代表/首席講師
佐藤 謙

D1GPドライバー。日比野哲也の元同僚にして、元監督。
通称は、サトけん。
ドリフトに関しては天才肌で、骨の髄までドリフト野郎。そしてドリフトで培ったスキルと経験で、グリップも速い。
理論派と言うよりは実践派。説明に擬音が多いと噂。
主な担当は、中・上級クラス。わりとスパルタ。
愛車はS14シルビア(通称:スクール号)。
本業は、株式会社マーキュリーエンタープライズ代表取締役社長。
facebook

ハイパードライブスタッフ
講師
舘野 博文

様々な遊びに精通するマスターオブ遊び人にして、様々なドリフトコンテスト(ハンコック日光グラチャン1位/ハンコック日光グラチャン3位/ドリフトマッスル筑波サーキット3位/N2H日光大会1位等)で入賞を繰り返すFCマスター。
一番の趣味はドリフト、二番はタイヤ交換、三番はバイクウィリー…以下延々と続く。
通称は、たてのん。
担当は主に中・上級クラス。ドリフトは、格好良くて楽しいのが大切。
愛車は色んな意味で"燃える"車RX-7FC他多数。

ハイパードライブスタッフ
くるくる講師
下田 紗弥加

『サヤカとくるくる練習会』講師。
特待生として練習を積み、D1 Lights Seriesに参戦中!
常に笑顔の絶えない、とても気さくでキュートな女子だが、ステアリングを握ると表情が一変する…らしい?

ハイパードライブスタッフ
Special講師
日比野 哲也

言わずと知れた、現役D1GPトップドライバーの一人。
2015年RDS (Russian Drift Series)、怒涛の全戦優勝完全シリーズチャンピオン獲得。
2011年からは、グリップのレースにも参戦。2012年、2013年AE86N1クラスシリーズ優勝。
見た目に反して、慎重派にして理論派。説明がわかりやすいと評判。
スケジュールが合えば、講師参加して戴く可能性アリ。
オフィシャルサイトhibinotetsuya.com

ハイパードライブスタッフ
スキルアップ講師
林 広昭

ドライビングスキルアップスクールとドリパスクール(スキルアップ枠)に出没する、グリップ走行専門講師。
(おそらく)日本で一番ケイマンGT4のブレーキパッドとブレーキディスクを消費する男。グリップ走行一筋だったが、最近はドリフト修行も開始。
通称は、linlin。愛車はポルシェ ケイマンGT4。
豊富な経験から的確なアドバイスが出来るが、結構スパルタという噂も?

ハイパードライブスタッフ
講師/事務担当
吉野 剛史

ズブの素人から、ドライビングの殆どは車楽人で学んだ、骨の髄まで車楽人な講師。
ある時は自由過ぎる車楽人関係者の引率の先生、ある時は車楽人のあれもこれもせっせと取り仕切るお母さん、しかしてその実体は…走り出したら止まらない、語り出したら止まらない、人間としてのブレーキが壊れているアラフィフオヤジ。
通称は、よっし~。トレードマークは、頭に乗せたパイロン…ではなく、頭に巻いたタオル。
担当は、主に初・中級クラス。褒めて育てるタイプ…らしいけれど、時々厳しい?
現在のドリフト用愛車は、NBロードスター。

ハイパードライブスタッフ
講師
今村 卓也

ペダルやハンドルに届くのか心配されてしまうコンパクトな体格ながら、バリバリドリフトをこなす元気印講師。
本業は、八王子にある車屋マーキュリーエンタープライズ富士森店店長で、ドリフトだけではなく、車関係一般に広く見識のある頼れる兄貴。
通称は、マムー。
担当は、主に初・中級クラス。丁寧な物腰だけど、まだ少し堅い?

ハイパードライブスタッフ
講師
渡部 剛士

サトけんにヘッドハントされて、車楽人の講師を務める事になった新人講師。
講師陣の中では若いものの、大学時代から自動車部に所属したり、ドリフトチームのリーダーを務めたりと、ドリフトを中心としたスポーツ走行の経験は豊富。
RX-7(FC)を5台も乗り継ぐロータリーマニアでもある。
常に全開で、気持ちよく走る事がモットー。
通称は、つよぽん。
定評のある的確なアドバイスを活かして、まずはお手伝いを中心に参加

licensing examinationHyper Drive School検定

「Hyper Drive School検定」は、車楽人アソシエーションが設定した級制度です。全ての参加者は、16級から受験して戴く事が可能です(受験は希望制です。級取得は必須ではありません)。
ドリフトウィークデースクール、ドリフトホリデースクールでは1回のスクールで1級、ドリフト検定試験では合格し続ける限り上の級を受験することが出来ます。

ビギナークラス

コース内容条件
16級①右定常円ギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続5周定常円が安定してから
16級②右定常円(渦巻き)ギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/大小3周渦巻き(定常円が安定してから、大小の円3周ずつ
15級①左定常円ギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続5周定常円が安定してから
15級②左定常円(渦巻きギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/大小3周渦巻き(定常円が安定してから、大小の円3周ずつ)
14級8の時ギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続2周左右の定常円を2周以上しながら8の字2周
13級8の字ギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続3周連続8の字3周(振り返し時にアクセルを戻さない)
12級①右楕円ギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続5周連続5周(静止状態から)
12級②左楕円ギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続5周連続5周(静止状態から)
11級3本パイロンギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続3周連続3周(静止状態から)
10級①4本パイロンギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続3周連続3周(静止状態から)
10級②定常円ギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続5周上下1000rpmの幅で5周以上(安定してからで可)
10級③右定常円ギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続5周定常円が安定してから

ミドルクラス

コース内容条件
9級8の字ギア:2速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続3周2速ホールド3周以上
8級①左ワンコーナーギア:2速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/3周ブレーキで前荷重をかけ、ドリフト状態に持って行ける
8級②右ワンコーナーギア:2速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/3周ブレーキで前荷重をかけ、ドリフト状態に持って行ける
8級③4本パイロンギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続5周連続5周(静止状態から)
7級①連続振り返しギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/2周静止状態から。2ヘヤの進入時は一度ドリフトを戻しても可
7級②楕円ギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続5周連続5周以上
6級スラロームギア:1速⇒2速⇒1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/3周7本は1速、Uターンし3本は2速、最後の1本180°ターンは1速
5級スラロームギア:1速⇒2速⇒1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続3周7本は1速、Uターンし3本は2速、最後の1本180°ターンは1速
4級①左コーナー中に減速
&シフトダウン
ギア:2速⇒1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続5周ブレーキング(フェイント)進入
4級②右コーナー中に減速
&シフトダウン
ギア:2速⇒1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続5周ブレーキング(フェイント)進入

エキスパートクラス

コース内容条件
3級①フェイント・左ワンコーナー進入ギア:2速⇒(1速)/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/3周前後荷重(ブレーキ)を使わず、左右荷重で横に向け、その後ブレーキ
3級①フェイント・右ワンコーナー進入ギア:2速⇒(1速)/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/3回前後荷重(ブレーキ)を使わず、左右荷重で横に向け、その後ブレーキ
3級③振り返し(A下り)ギア:2速⇒(1速)/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:△/3回ターボ車は最終コーナーからつなげる。NAは一度戻しても可
2級①振り返し(A下り)ギア:2速⇒(1速)/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:△/連続3回アウトクリップを取れる。失速させない
2級②フェイント・左ワンコーナー進入ギア:2速⇒(1速)/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:○(進入時のみ)/3回リアのライン(パイロン1m以内・失速させない)
2級③フェイント・右ワンコーナー進入ギア:2速⇒(1速)/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:○(進入時のみ)/3回リアのライン(パイロン1m以内・失速させない)
2級④コース最終コーナー⇒1ヘア進入ギア:問わず/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:○/3回規定パイロンより手前から。クラッチ蹴り使用可だが、ミスを隠すクラッチ蹴りと思われる場合は審議
11級3本パイロンギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続3周連続3周(静止状態から)
1級①4本パイロンギア:1速/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:×/連続5周静止状態から・クリップ50cm以内・パイロンタッチ可・倒し不可・パイロン移動30cm以内
1級②4本パイロン外周左回りギア:問わず/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:△/連続2周パイロンタッチ可・倒し不可・パイロン移動30cm以内
1級③4本パイロン外周右回りギア:問わず/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:△/連続2周パイロンタッチ可・倒し不可・パイロン移動30cm以内
1級④コース1ヘア進入ギア:問わず/サイドブレーキ:×/クラッチ蹴り:○/3回規定パイロンより手前から。クラッチ蹴り使用可だが、ミスを隠すクラッチ蹴りと思われる場合は審審議
1級⑤坂上り(A⇒コース)ギア:問わず/サイドブレーキ:○/クラッチ蹴り:○/3回

Q&A

ドリフト走行編

Q「ドリフト」って何?Aドリフトは、意図的に車をテールスライドさせ、タイヤが空転したまま走行する技術の事を言います。
Qドリフトスクール参加に必要なモノは?A後輪駆動(FR/MR/RR)の車1台。ドリフト用のリヤタイヤ1セット(行き帰りのタイヤとドリフト用タイヤは別々が安心です)。タイヤ(ホイール)交換用や、何かあった時用の工具一式。タイヤ交換時には、車載のジャッキではなく、フロアジャッキがあると便利です。
会場が南千葉サーキットの場合、ドレスコードは以下の通りとなっています。
長袖/長ズボン/グローブ(指出しグローブ、軍手等不可)/運転に向いた靴(サンダル等不可)/箱車はヘルメットは無くても可(幌のないオープンカーは、要ヘルメット)
Qスクールのタイムスケジュールは?A南千葉サーキットのドリフトホリデースクールの例…
7時30分頃:ゲートオープン→到着して準備の出来た方から受付
8時30分:ドライバーズミーティング
9時:午前走行開始
12時:午前走行終了→昼食
13時:午後走行開始
16時:午後走行終了→片付け
16時30分頃:終了式
17時頃:解散
※遅刻早退可能です(可能な範囲で事前にご連絡下さい)。ご自身のペースで、スクール中に休憩等とる事も問題ありません。
Qドリフト用タイヤ?Aドリフト走行は、リヤタイヤを激しく消耗します。一日のスクールで新品タイヤ1本を使い切る方もいます。
その為ネットで売っている中国/台湾/韓国製などの安いタイヤ(5000円/1本程度)や中古タイヤを「ドリフト用タイヤ」として使用します。
また、タイヤの着脱を楽にする為に、予備のホイールにドリフト用タイヤを装着して、ホイールごと交換する方が多いです。
Qドリフトをやったらタイヤがすぐ無くなっちゃうでしょ? A初めてドリフトやってみて、一日でタイヤを無くせたら、あなたは天才です!(笑)
確かに、ドリフト走行はタイヤを酷使します。でも、それは『ドリフト走行をやり続けられれば』という前提です。
初めての人全員が、タイヤが一日で無くなるほどドリフトが完璧に出来るなら、車楽人アソシエーションの存在意義はありませんね(笑)
もちろん、全く減らない事はありません。一般道を走るよりずっと減りますが、初心者ドリフターの減り方は、グリップ走行でサーキット走るのとあまり変わらないと思います。
※スクール参加時のタイヤの状態によります。極端に減ったタイヤでの参加は、危険ですのでご遠慮下さい。
Q「予備ホイール」や「工具」を持っていません>< A多くの参加者の方は、行き帰りは通常タイヤで往復をし、サーキットではドリフト用の安く滑りやすいタイヤに履き替えて走行します。
しかし、最初からその様な装備を揃えるのが難しい場合は、以下のような方法での参加をオススメしています。
1:自分で安いタイヤに履き替えてくる
初心者の段階だと、一日でタイヤを無くしてしまう事はないかと思いますので、リアタイヤ2本(フロントタイヤは通常タイヤのままで結構です)を、安いタイヤに行きつけのお店やタイヤショップで履き替えてスクールに参加し、スクール終了帰宅後、またショップで組み直すという方法です。
2:南千葉サーキットで履き替える
南千葉サーキットの場合のみですが、南千葉にはタイヤチェンジャーがありますので、当日においでになったら、タイヤを履き替え、帰りにまた元のタイヤに履き替えるという方法です。
タイヤに関しましては、ご自身でお持ち戴いても構いませんが、もしご面倒なら、早い時期に当スクールにご連絡戴ければ、こちらで用意する事も可能です。
ネットショップで売っている中国、台湾、韓国製などの安いタイヤを実費+手数料1000円で用意します。タイヤサイズにもよりますが、タイヤ交換費用も含めて15000円程度ですむと思います。
ただこの方法の場合、タイヤ脱着に時間がかかりますので、少々早めの時間においで下さい。
また、南千葉サーキットにはタイヤチェンジャーはありますが、アライメントバランサーはありません。それ故に、脱着の際に多少のタイヤバランスがずれる可能性があります。
ただ、リアタイヤに関しては、タイヤバランスが違っていても、走行には殆ど問題はないと言うのが、当スクールの見解です。もし気にされる場合は、上記1:の方法の方が安心でしょう。
本格的にドリフトに取り組む決心がついたら、予備ホイールや交換工具などを買いそろえれば良いと思います。
尚、ホイールはYahoo!オークションなどで売られている中古のモノで充分です。
また、サイズに関しても、純正と同じ必要がない場合も多いので、講師に相談してみて下さい。
Q車で注意する事は? Aドリフト走行は、車に非常に負担をかけます。日常点検は怠らないようにしましょう。
またエンジンオイルやミッションオイルなどの交換も、普通よりも早いサイクルで行うようにして下さい。
Q「ドリ車」って? Aドリフト用に改造された車の事を言います。
ドリ車にしやすい車としては、シルビアやスカイライン、ロードスター等があります。
それ以外の車もドリフトが「出来ない」のでは無く、ドリフトをするのが「難しい」と言う事で、ドリフトが「不可能」と言う事はありません。4WD車やFF車でも、ドリフトは可能です。ただ「すごく難しい」です(汗)。
当スクールでは、様々な車種でドリフトにチャレンジしてきた先輩達がいます。あなたも難しい事を考えずに、気軽にトライしてみて下さい。
Qスクールに参加出来ない車は? A普通乗用車・軽自動車以外の車/ミニバン、SUVなど背の高い車/各サーキットの車両規定に違反した車/その他、車楽人アソシエーションで走行に不適当と判断した車での参加はご遠慮戴いております。

グリップ走行編

Qドライビングスキルアップスクールって何をするの?A車はアクセルを踏めばまっすぐ加速し、ブレーキをかければ止まり、ハンドルを切ればそちらに曲がるものだと思ってはいませんか?
低速で走っている時はそうかもしれませんが、ちょっと速度が上がると、実は車はドライバーが思った様に動いてくれない事が多くなってきます。まずは、思った程には車はアクセルを踏んでもまっすぐ加速せず、ブレーキをかけても止まらず、ハンドルを切ってもそっちに曲がってくれない事を知り、そこからどうすればドライバーの思った通りに車が動くのか、動くように操作すればよいのかを学んで戴きます。
ドライビングスキルを向上させる事は、単に『速く走る』事とは違います。安全に楽しく走れる結果が、速く走る事も出来るという事に過ぎません。サーキット走行でタイムを縮める事を望んでいる人はもちろん、一般道を安全に走りたい、愛車で楽しいドライブをしたいという方にもぜひ受講して戴きたい内容となっています。
Qドライビングスキルアップスクール参加に必要なものは?Aドリフトは、意図的に車をテールスライドさせ、タイヤが空転したまま走行する技術の事を言います。
Qドライビングスキルアップスクールって何をするの?Aスポーツ走行が可能な車両でしたら、日本車、外車、どのような車でも参加可能です(日常運転の練習をしたい場合は、今お乗りの車でも大丈夫です)。
参加車両につきましては、キチンと整備を行い、タイヤ空気圧や、エンジンオイルなどのチェックを忘れない様お気をつけ下さい。
会場が南千葉サーキットの場合、ドレスコードは以下の通りとなっています。
長袖/長ズボン/グローブ(指出しグローブ、軍手等不可)/運転に向いた靴(サンダル等不可)/箱車はヘルメットは無くても可(幌のないオープンカーは、要ヘルメット)
Qスクールのタイムスケジュールは?A7時30分頃:ゲートオープン→到着して準備の出来た方から受付
8時30分:ドライバーズミーティング
9時:午前走行開始
12時:午前走行終了→昼食
13時:午後走行開始
16時:午後走行終了→片付け
16時30分頃:終了式
17時頃:解散
※遅刻早退可能です(可能な範囲で事前にご連絡下さい)。ご自身のペースで、スクール中に休憩等とる事も問題ありません。
Qスクールに参加出来ない車は?A普通乗用車・軽自動車以外の車/各サーキットの車両規定に違反した車/その他、車楽人アソシエーションで走行に不適当と判断した車での参加はご遠慮戴いております。
ミニバン、SUVなど背の高い車の場合は、一定の規定を設けさせて戴きます。