About HYPER DRIVE SCHOOLハイパードライブスクールについて

充実の環境・サポートで楽しくSkill up!


充実の環境

1989年に発足し、30年以上の歴史をもった車楽人アソシエーションのドリフト・ドライビングスクール部門の HYPER DRIVE SCHOOL は、長年モータースポーツに携わっている自動車会社やグループ会社のサーキットがバックアップ体制をつくり、また、インストラクターにD1等のレースやテレビに出演している講師で構成され、充実の環境を整えています。

当スクールの目的

ドリフト走行は、スライドコントロールだけではなく、基本的な運転技術を向上させ、サーキットから街中まですべてに通用する普遍的なドライビングスキルを身に付けて頂くことになります。楽しんでやっているうちに、運転技術全般が上手くなるのがHYPER DRIVE SCHOOLです。

充実の環境・サポート体制で楽しくSkill up!

User guideご利用案内・料金等

メンバー登録について

車楽人は、安心して楽しくスクールに参加していただくため、メンバー制となっています。
メンバー登録料:1000円
メンバー登録の為には、専用のメールフォームから申し込みをお願いしています(参加申し込みも同時に行うことが出来ます)。
「メンバー登録料」は、初めてのスクール参加費お振込の際に、参加費に1000円を加えた金額を指定口座にお振込みください。
これで車楽人メンバー登録は完了です。

イベントへの申込みの流れ

初回

入会希望者様:メンバー登録メールフォーム入力・送信(参加申し込みも同時に行うことが出来ます)
→車楽人事務局:メンバーID発行・参加申し込み受付のメールを送信します(返信に2~3日かかる事があります。ご了承下さい)
携帯・スマホのキャリアメールアドレスをご入力戴いた場合、携帯電話各社が提供している迷惑メールフィルタ(ドメイン/メール指定受信機能)によって、当会からのメールを受け取れない可能性があります。必ず、メールフォーム送信完了後メッセージに記載されている当会メールアドレスの受信の許可をして戴きますようお願い致します。
また、メンバー様の端末による「迷惑メールフォルダ」への自動振り分けや、ごく稀に発生致します「エラーメッセージの無いメールの不達」によって当会からのメールが不達となる場合がございます。メールが3日経っても届かない場合は、「迷惑メールフォルダ」の確認や、事務局までお問い合わせをお願い致します。


2回目以降

メンバー様:参加申し込みメールフォーム入力・送信
→車楽人事務局:「参加申し込み受付」メールを送信します(返信に2~3日かかる事があります。ご了承下さい)


受付メール到着後

→メンバー様:車楽人事務局より届いたメールに記載された金額を、メール送信日の翌日より一週間以内(一週間後が銀行休業日の場合、翌銀行営業日を期限と致します)に指定銀行へお振込下さい(ここで【正式申込み】となり、この日がイベント一ヶ月前以前ですと、イベントによっては早割り適用となります)。
→車楽人事務局:参加費のお振込が確認出来ましたら、「正式参加受理」メールを送信します(返信に2~3日かかる事があります。ご了承下さい)。
→メンバー様:当日は、時間に余裕を持ってご参加下さい。


参加申し込みをした後、「参加申し込み受付」メールが3日経っても届かない場合、参加費のお振込をした後、「正式参加受理」メールが銀行営業日で3日経っても届かない場合は、お手数ですが事務局までお問い合わせをお願い致します。

参加費

各イベントの参加には、参加費が必要となります。
イベントごとの詳しい参加費に関しましては、『ドリフトスクール』『グリップスクール』他各イベントページをご参照下さい。
参加費には、車両代、タイヤ代、ガソリン代等は含まれておりません。
1枠1台の登録となり、1枠に複数ドライバーの登録(走行時間のシェア等)は出来ません。
南千葉サーキット開催の全日のイベント(プチプチ車楽人等除く)には、昼食のお弁当と飲み物が付きます。

お支払い方法

参加費等のお支払い方法は、当会指定口座へのお振込でお願いしております。指定口座につきましては、参加申し込みを戴いた際にメールにてご案内致します。
開催日までに銀行営業日が無かったなどの事情でイベント当日の現金精算となった場合は、+1000円の事務手数料を戴きますのでご了解ください。

キャンセルポリシー

当会が『参加申し込み受付』のメールを送信した翌日から一週間後(開催まで一週間を切っている場合は、当会から期日のご案内を致します)までにお振込が確認できなかった場合、参加申し込みは無効となり、自動的にキャンセルとなります(当会から確認や督促の連絡は致しません)。
また、イベント開催日一週間前以降のキャンセルにつきましては(上記自動キャンセルも含む)、キャンセル料として参加費の100%をお支払い戴きます(既に参加費をお振込済みの場合は、それをキャンセル料と致します。一週間より前のキャンセルにつきましては、従来通り『スライドシステム』がご利用出来ます)。
スクール開催日までの日数が少ない場合等は、当会より別段のご案内をさせて戴きます。
期間内にお振込が困難なばあいは、期間内に当会までご相談下さい。やむを得ない事情と判断した場合、期間を延長致します(期間後にご連絡戴きましても、キャンセルは取り消せません)。
メンバー様側の「迷惑メールフォルダ」への自動振り分けや、ごく稀に発生致します「エラーメッセージの無いメールの不達」に関しましても、当会では確認が取れませんので上記処理となってしまいます。『参加申し込みメールフォーム』送信後、3日以上経過しても当会から『参加申し込み受付』メール等が届かない場合は、お手数ですが事務局までお問い合わせをお願い致します。

キャンセル待ち

定員に達し募集が締め切られたイベントに関しまして、キャンセル待ちを申しこむ事が可能です。
参加申し込みフォームの「その他・変更事項等」欄に『キャンセル待ち』とご入力の上、送信してください。
イベントにキャンセルが発生した際、順番にご案内申し上げます。

年会費

メンバー登録後最初のイベント参加日、または前回の年会費支払いから一年が経過した後の最初のイベント参加時に、年会費500円を戴きます。
お支払い方法は、イベント会場(サーキット)で参加申込の際に、現金でお支払いとなります。

女性・学生料金

女性と学生の参加者は、各スクール参加費から1000円引きの料金で参加する事が出来ます(プチ車楽人・プチプチ車楽人、個人レッスンは除く)。
ドリフトレンタル車両料金にも適用となります(プチ車楽人・プチプチ車楽人、個人レッスンでの使用は除く)
下記割引の内、早割りは適用となりません。スタンプカード割引は適用可能です。
学生料金のご利用の際は、参加当日に証明となる学生証をご提示ください。ご提示がない場合は、その場で1000円をお支払戴きます。
女性料金と学生料金は同時適用となりません。女性で学生の方も1000円引きとなります。

スタンプカード

スタンプカード

車楽人主催のスクールにご参加の際に、スタンプカードへ一回のご参加につき1個スタンプを押印させて戴きます(プチ車楽人、プチプチ車楽人は適用外)。スタンプ5個につき2000円の割引となります。 1回の割引に使えるのは、スタンプ5個2000円分までとなります(スタンプ10個4000円割引等は出来ません)。 ポイントカードに有効期限はありません。 初参加の方のポイントカードは、最初に参加されたイベントでお渡し致します。

イベント当日の受付時にスタンプカードをご提示ください。その場で2000円のキャッシュバックをさせて戴きます(2019/5/1改定)。
スタンプカードは年会費の期限管理も兼ねていますので、スタンプカード紛失の際は、紛失後最初のイベント参加日時を発行日として年会費500円をお支払い戴き、最初からの押印となります。


お友達紹介スタンプ

車楽人アソシエーションにお友達を紹介(スクールへ参加)して戴いた場合は、紹介者と紹介でスクールに参加されたお友達のお二人共に、スタンプカードに通常+2個のスタンプを押印させて戴きます(初回のみ)。


スタンプカード割引と、その他各割引等は重複使用することが出来ます

割引等

早割り

開催日の1ヶ月前までに正式申込み(参加費のお振込)を戴きますと、該当スクール(ドリフトウィークデースクール/ドリフトホリデースクール/ドライビングスキルアップスクール/ドリパスクール/ドリパ合宿/ドリフト検定&走行会/タイムアタック走行会)の参加費用が1000円割引となります。(1ヶ月前が銀行休業日の場合、翌銀行営業日を期限と致します)


スライドシステム

参加費をお振込済みのスクールに参加出来なくなった場合、開催日の1週間前までにご連絡ければスケジュールの変更が可能です。 開催1週間を切ってのキャンセルの場合、参加費等はスライド、返金等出来ませんのでご了解下さい。 スライドの有効期限は、変更したスクールの開催日から6ヶ月までとなります。 車楽人のスクールが、スケジュール上で1ヶ月以上行われない場合は、改めて適用期間をお知らせ致します。 一度スライドを適用し、スケジュールの変更をされた後は、開催日1週間前でも、再度のスライドは出来ませんのでご了解下さい。 すでにお振込戴いている参加費と、スライドを適用したイベントの参加費に差額がある場合、不足分に関しましては追加でお振込戴きます(早割りは適用可能)。過払い分につきましては、返金、再度のスライド等が出来ませんのでご了解下さい。


スタンプカード割引と、早割りは重複使用することができます
各割引は、申請制になっております。参加申込みの際に申請がない場合、適用が出来ない場合があります。ご了解ください。

Scholarship systemスカラシップ制度

スカラシップ制度

車楽人で真剣にドリフトを学ぶ人に向けた、奨学制度です。
参加費の大幅割引や、年会費の免除などの特典が与えられます。

スカラシップ登録資格①車楽人検定10級以上
②講師が認めた者
スカラシップメンバー特典①スクール参加費4000円割引(各種割引、女性・学生料金は併用不可)
②年会費免除
スカラシップメンバー活動①車体4ヶ所に、車楽人ステッカーを貼る(サイズ・場所は車楽人指定)
②年間6回以上、車楽人スクールに参加する
③年間2回以上、車楽人が指定するドリフトコンテストに出場する(当面成績は問わない)
④SNS上に車楽人での活動をアップする(写真・動画などを使用/月1回以上)
⑤可能な範囲で、車楽人公式情報の発信・シェアなどを行う

HistoryHyper Drive School・車楽人アソシエーションの歴史

車楽人

1989

設立 代表 青砥浩史 車楽人祭

2008

佐藤 謙が、車楽人アソシエーションの代表に就任。

2009

第一回「AE86祭in筑波」開催。400台のAE86が集まる。
ドライビングレッスンを中心に運営を開始
メディア:アメリカのバラエティ番組に出演。
1989

2010

第二回「AE86祭in筑波」
メディア:映画「ドリフトヒーロー」にドライバー&車両提供。
2010

2011

第三回「AE86祭in筑波」
※その後、プロクルーズに運営を譲渡、現在も「86祭」と名称を改め開催中。
「PORSCHE de DRIFT」開始。
袖ヶ浦フォレストレースウェイの「エコ耐」に参戦。
JAF戦N1「AE86」クラスに参戦。ドライバー谷 義士
2011

2012

袖ヶ浦フォレストレースウェイの「エコ耐」に参戦。
JAF戦N1「AE86」クラスに参戦。ドライバー谷 義士
「PORSCHE de DRIFT」を「インポートDRIFT」に変更。
2011

2013


「スキルアップスクール」開始。
富士ドリフトコースにて「ドリパスクール」開始。

2014

第一回「日産祭」を袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催。150台以上の日産車が集まる。
「Formula Drift Japan」にZ33で参戦。
2011

2015

第二回「日産祭」開催後、運営を譲渡。
「東京オートサロン」にZ33出展。(三栄書房ブース)
「Formula Drift Japan」にZ33で参戦。
スープラで「RDS」(ロシアドリフトシリーズ)車楽人特別講師の日比野哲也ドライブで全戦優勝。
シリーズチャンピオン獲得。
「D1GP」最終戦「お台場」に「RDS」チャンピオンカーのスープラにて参戦。準優勝

2016

「東京オートサロン」にZ33ターボ出展。(プレミアムジャパンブース)
「D1GP」ゼスティノタイヤがスポンサードに付き、スープラにて全戦参戦。ドライバー日比野哲也。 
「D1チャイナ」シリーズにZ33で参戦。最高位3位。ドライバー日比野哲也。
「D1ストリートリーガル」最終戦日光サーキットに、S15で車楽人スクール生徒の下田紗弥加参戦。
2011

2017

「東京オートサロン」にD1スープラ出展。(ゼスティノブース)
「D1GP」GULFカラーのスープラにて参戦。途中S2000にスイッチ。単走優勝。ドライバー日比野哲也。

2018

個人レッスン開始。
「D1GP」再びゼスティノカラーになったS2000で参戦。
車楽人メンバーで「浅間ヒルクライム」に参加。マシンはS15とZ33。ドライバー佐藤 謙と下田紗弥加。
「D1LIGHTS」に参戦。ドライバー下田紗弥加。レーシングスーツにアディダスがスポンサードになる。
タイヤメーカーの「VALINO」がスポンサード。
メディア:おしゃれイズム・所JAPAN
2011

2019

「東京オートサロン」に「車楽人アソシエーション」として出展。
「D1GP ALL STAR SHOOT-OUT 」参戦。ショットガントーナメント優勝。単走6位・8位
「D1LIGHTS」に参戦。ドライバー下田紗弥加。
中国:IDLC-International Drift Ladies Cup』 
結果:総合優勝
・AM杯
結果:追走優勝
・テクニック(ジムカーナタイムアタック)
結果:優勝
『All in TUNING』デモラン、ドライバー下田紗弥加。
メディア:旅猿・Abema TV・バンダイ公式チャンネル
2011

2020

「東京オートサロン」に「車楽人アソシエーション」として出展オートサロン2020

Staffスタッフ紹介

ハイパードライブスタッフ
HyperDriveSchool代表/首席講師
佐藤 謙

D1GPドライバー。日比野哲也の元同僚にして、元監督。
通称は、サトけん。
ドリフトに関しては天才肌で、骨の髄までドリフト野郎。そしてドリフトで培ったスキルと経験で、グリップも速い。
理論派と言うよりは実践派。説明に擬音が多いと噂。
主な担当は、中・上級クラス。わりとスパルタ。
愛車はS14シルビア(通称:スクール号)。
本業は、株式会社マーキュリーエンタープライズ代表取締役社長。
facebook

ハイパードライブスタッフ
講師
舘野 博文

様々な遊びに精通するマスターオブ遊び人にして、様々なドリフトコンテスト(ハンコック日光グラチャン1位/ハンコック日光グラチャン3位/ドリフトマッスル筑波サーキット3位/N2H日光大会1位等)で入賞を繰り返すFCマスター。
一番の趣味はドリフト、二番はタイヤ交換、三番はバイクウィリー…以下延々と続く。
通称は、たてのん。
担当は主に中・上級クラス。ドリフトは、格好良くて楽しいのが大切。
愛車は色んな意味で"燃える"車RX-7FC他多数。

ハイパードライブスタッフ
講師/事務担当
吉野 剛史

ズブの素人から、ドライビングの殆どは車楽人で学んだ、骨の髄まで車楽人な講師。
ある時は自由過ぎる車楽人関係者の引率の先生、ある時は車楽人のあれもこれもせっせと取り仕切るお母さん、しかしてその実体は…走り出したら止まらない、語り出したら止まらない、人間としてのブレーキが壊れているアラフィフオヤジ。
通称は、よっし~。トレードマークは、頭に乗せたパイロン…ではなく、頭に巻いたタオル。
担当は、主に初・中級クラス。褒めて育てるタイプ…らしいけれど、時々厳しい?
現在のドリフト用愛車は、NBロードスター。

ハイパードライブスタッフ
講師
今村 卓也

ペダルやハンドルに届くのか心配されてしまうコンパクトな体格ながら、バリバリドリフトをこなす元気印講師。
本業は、八王子にある車屋マーキュリーエンタープライズ富士森店店長で、ドリフトだけではなく、車関係一般に広く見識のある頼れる兄貴。
通称は、マムー。
担当は、主に初・中級クラス。丁寧な物腰だけど、まだ少し堅い?

ハイパードライブスタッフ
講師
渡部 剛士

サトけんにヘッドハントされて、車楽人の講師を務める事になった新人講師。
講師陣の中では若いものの、大学時代から自動車部に所属したり、ドリフトチームのリーダーを務めたりと、ドリフトを中心としたスポーツ走行の経験は豊富。
RX-7(FC)を5台も乗り継ぐロータリーマニアでもある。
常に全開で、気持ちよく走る事がモットー。
通称は、つよぽん。
定評のある的確なアドバイスを活かして、まずはお手伝いを中心に参加

ハイパードライブスタッフ
スキルアップ講師
林 広昭

ドライビングスキルアップスクールとドリパスクール(スキルアップ枠)に出没する、グリップ走行専門講師。
(おそらく)日本で一番ケイマンGT4のブレーキパッドとブレーキディスクを消費する男。グリップ走行一筋だったが、最近はドリフト修行も開始。
通称は、linlin。愛車はポルシェ ケイマンGT4。
豊富な経験から的確なアドバイスが出来るが、結構スパルタという噂も?

ハイパードライブスタッフ
くるくる講師
下田 紗弥加

『サヤカとくるくる練習会』講師。
特待生として練習を積み、D1 Lights Seriesに参戦中!
常に笑顔の絶えない、とても気さくでキュートな女子だが、ステアリングを握ると表情が一変する…らしい?

ハイパードライブスタッフ
Special講師
日比野 哲也

言わずと知れた、現役D1GPトップドライバーの一人。
2015年RDS (Russian Drift Series)、怒涛の全戦優勝完全シリーズチャンピオン獲得。
2011年からは、グリップのレースにも参戦。2012年、2013年AE86N1クラスシリーズ優勝。
見た目に反して、慎重派にして理論派。説明がわかりやすいと評判。
スケジュールが合えば、講師参加して戴く可能性アリ。
オフィシャルサイトhibinotetsuya.com

Q&A

ドリフト走行編

Qドリフト1回もしたことがないんですが、できるようになるんですか?Aご安心ください。誰もが最初は初心者です。
免許の無い方マニアルの操作がわからない方も数多く参加されています。
20年以上ノウハウのある島ドリフトスクールでは、簡単かつわかりやすくインストラクターが指導させていただいております。
Qオートマチック車でもドリフト可能ですか?A基本的にFR(後輪駆動車)なら、AT車でも可能です。
FFや4駆の方もお問い合わせください。
Qオートマ限定免許で、MTレンタル車両で体験したいのですが可能でしょうか?Aもちろん大丈夫です。
AT車両もご用意しておりまして、もしMT(マニアル)車がご希望でも、発進するためのクラッチ操作などのマニアル車の基本からご指導しております。 なお、初めは1側面の練習になりますので、あまり問題ではありません。
Q車を持っていないのでレンタル車両借りて参加したいのですが、電車で行く場合、サーキットまでどのように行けば良いですか?A電車の場合JR外房線の土気駅が最寄の駅となります。
ご連絡いただければお迎えにあがります。
Q中学生なのですがスクールに参加できますか?Aクローズドコースなので、免許なしでも大丈夫です。車両のペダルに足が届く145cm以上ある方なら可能です。
ただし、中学生以下の方は保護者の同伴が必要になりますのでご了承ください。
過去に中学生の方が受講された実績があります。
Qドリフトスクールに持っていくものはありますか? A服装は長袖、長ズボン、運動靴かドライビングシューズ、指の出ないグローブ(スポーツ走行用グローブがお勧めです、滑りにくいグローブのでも可です) 安全のためヘルメット(耳が出ないタイプ)の着用を推奨しております。
※南千葉サーキットに関しては自己責任で自由です。
リアタイヤのスペアタイヤが2本。また、タイヤ交換に必要なジャッキ、十字レンチがあると良いです。
さらに、締め付け具合を測るトルクレンチがあると便利です。
上記のタイヤ関係の物に対しては、ご用意できない場合は下記よりご連絡ください。
TEL
Qドリフト用のタイヤはどんなものが良いですか? A基本的には「滑りやすい」「安価」「長持ちする」タイヤを選んでください。
当スクールでのお勧めは、海外製のメーカーで「KENDA」の「KR20」という銘柄のタイヤを薦めしています。
インターネットなどで購入可能です。
またマーキュリーではタイヤ代と脱着も含むセットを提供しております。
3000円~ 1本. 10000円 1本
株式会社マーキュリーエンタープライズ Tel.042-625-2841
Qドリフトする時、タイヤのサイズは変えた方がいいですか? A標準のタイヤサイズから少しインチダウンがお勧めです。
(例)
205/50R16⇒195/45R16または195/50R15
235/40R17⇒215/45R17または205/50R16
265/35R18⇒235/40R17または215/45R17
Qタイヤのエアー圧はどのくらいが最適ですか? A講師が車両と練習目的にあった、エアー圧を支持いたします。エアーはサーキットで自由に入れることができます。
Qシート、ステアリング、シートベルトはノーマルで大丈夫ですか? A基本的には大丈夫です。 もちろん本格的にサーキット走行をしたい場合は、バケットシートやスポーツタイプのステアリング、4点式以上のシートベルトはあった方が良いですが、最初は無くても大丈夫です。
Qスクールのタイムスケジュールは?A南千葉サーキットのドリフトホリデースクールの例…
07:30頃 ゲートオープン→到着して準備の出来た方から受付
08:30  ドライバーズミーティング
09:00  午前走行開始
12:00  午前走行終了→昼食
13:00  午後走行開始
16:00  午後走行終了→片付け
16:30頃 終了式
17:00  解散
※遅刻早退可能です(可能な範囲で事前にご連絡下さい)。ご自身のペースで、スクール中に休憩等とる事も問題ありません。

ベーシックスクール編

Qベーシックスクールはどのようなものですか?A車はアクセルを踏めばまっすぐ加速し、ブレーキをかければ止まり、ハンドルを切ればそちらに曲がるものだと思ってはいませんか?
低速で走っている時はそうかもしれませんが、ちょっと速度が上がると、実は車はドライバーが思った様に動いてくれない事が多くなってきます。まずは、思った程には車はアクセルを踏んでもまっすぐ加速せず、ブレーキをかけても止まらず、ハンドルを切ってもそっちに曲がってくれない事を知り、そこからどうすればドライバーの思った通りに車が動くのか、動くように操作すればよいのかを学んで戴きます。
ドライビングスキルを向上させる事は、単に『速く走る』事とは違います。安全に楽しく走れる結果が、速く走る事も出来るという事に過ぎません。サーキット走行でタイムを縮める事を望んでいる人はもちろん、一般道を安全に走りたい、愛車で楽しいドライブをしたいという方にもぜひ受講して戴きたい内容となっています。
Qドライビングスキルアップスクール参加に必要なものは?Aスポーツ走行が可能な車両でしたら、日本車、外車、どのような車でも参加可能です(日常運転の練習をしたい場合は、今お乗りの車でも大丈夫です)。
参加車両につきましては、キチンと整備を行い、タイヤ空気圧や、エンジンオイルなどのチェックを忘れない様お気をつけ下さい。
会場が南千葉サーキットの場合、ドレスコードは以下の通りとなっています。
長袖/長ズボン/グローブ(指出しグローブ、軍手等不可)/運転に向いた靴(サンダル等不可)/箱車はヘルメットは無くても可(幌のないオープンカーは、要ヘルメット)
Qスクールのタイムスケジュールは?A7時30分頃:ゲートオープン→到着して準備の出来た方から受付
8時30分:ドライバーズミーティング
9時:午前走行開始
12時:午前走行終了→昼食
13時:午後走行開始
16時:午後走行終了→片付け
16時30分頃:終了式
17時頃:解散
※遅刻早退可能です(可能な範囲で事前にご連絡下さい)。ご自身のペースで、スクール中に休憩等とる事も問題ありません。
Qスクールに参加出来ない車は?A 基本的に乗用車(軽自動車も含む)ならどの車でも参加できます。
ただし、マフラーの音量が著しく大きな車(98デシベル以上)や、パーツの取り付けなどの不具合がある車は参加できません。
オープンカーは4点式ロールバー着用ならオープンでも可能です。それ以外は屋根を閉じて頂きます。

Media appearanceメディア出演

数多くのテレビ番組、 ネットTVに出演することにより、 ドライビングの楽しさ、 モータースポーツの可能性を広げてゆきます。

ドリフトコース

日テレ:おしゃれイズム

ドリフトコース

日テレ:旅猿

ドリフトコース

ナビカーズ・クルマ女子 etc

ドリフトコース

新劇場 頭文字D-Legend2- 講談社試写会

フジテレビ:新説 所ジャパン  日テレ:おぎやはぎの愛車遍歴  amebaTV:ameba的ニュースショー  youtube: バンダイ公式チャンネル
ナビカーズ vol.44:クルマ女子 etc.